覚王山祭

トップページ » 覚王山祭 » 覚王山写真展

 覚王山夏祭
(クリックすると大きい
画像を表示します)

参道ミュージアム

覚王山写真展

2017年10月28日(土)〜11月5日(日)

会場:揚輝荘 南園 聴松閣 2階 展示室5・6(要:入館料)

入塌料 一般300円、市内在住65藏以上100円、 中学生以下無料

開園時間 9畸30分~16瞄30分

休園日 月曜日

テーマは『覚王山』
魅力ある覚王山を撮影して応募してね!


覚王山の街がアートでいつばいになる恒例のイベント「覚王山参道ミュージアム」。その会期と同時に「覚王山写真展」を開催します。展示会場は覚王山日泰寺の東に位 置する、(株)松坂屋の初代社長15代伊藤次郎左衛門祐民によって構築された別荘 「揚輝荘」の南園『聴松閣』2階。今回応募していただいた写真を展示し、来場者に 審査してもらうという写真展です。あなたの目で見た魅力ある覚王山をカメラに収めてぜひご応募ください。

 

たくさんの応募ありがとうございました。
応募作品総数70点、一般投票数は280点でした。
本当にたくさんの方の応募&投票ありがとうございました。
金賞
54番「週末、モーニングへ」足立将太
銀賞
51番「輝く緑、揚輝荘」比良井しほり
16番「はじまり……」福田晴行
銅賞
59番「初夏の木漏れ日」稲吉秀紀
55番「爽風」福田明子
32番「覚王山のヒーロー」すずきめぐみ
57番「聖なるまなざし」林功
47番「欄間の内」吉田久美子
審査員賞
覚王山スタジオ ROSSOフォトグラファー秦 義之
54番「週末、モーニングへ」足立将太
佐藤写真館
57番「聖なるまなざし」

〈応募作品〉

●千種区・覚王山で撮影した写真で、2017年以降に撮影された、 自作、未発表のもの。

●カラーまたはモノクロプリントの単写真。

●サイズ:A4

●応募点数は1人2点以内。

 

〈応募方法〉

「応募票」に必要事項を記入のうえ、写真の裏面に「応募票」を 1枚ごとに貼り、郵送または持参してください。

〈応募先〉

〒464-0064 名古屋市千種区山門町1-13

覚王山商店街事務局 「覚王山写真展」係

〈応募締切〉2017年10月2日(月)必着

〈応募上の注意〉必ずお読みください

●人物撮影の際は本人の承諾を得てください。第三者の肖像権及び著作権等の権利 侵害に係るトラブルには、主催者は一切の責任を負いません。
●応募された作品のうち、応募要項に違反すると主催者が判断した場合は、審査の 対象外とさせていただきます。
●入賞作品は、原版 (デジタルデータ等) を提出していただきます。また、覚王山 のホームページにも掲載させていただきます。
●入賞作品の第ー次使用権は、主催者に帰属いたします。
●応募作品は返却いたしません。
●当事業で得た個人情報は、写真展に関することのみに使用します。

金賞 10000円 1名

銀賞 5000円 2名

銅賞 3,000円 5名

審査·発表

一般投票と主催者、審査協力者による審査を後日集計し、選ばれた 作品の方にご連絡します。優秀作品は、2018覚王山春祭にて同会場 「揚輝荘南園聴松閣」にて「覚王山写真展・入選作品展」を開催します。

審査協力

■秦 義之(photographer)

覚王山スタジオ ROSSO オーナー
Focus Rock Studio&gallery ディレクター
株式会社トランカ C.E.O.Photographer

■佐藤写真館

店主 佐藤誠吾
昭和6年創業以来、覚王山で皆に愛されている写真館です。


問い合わせ

覚王山商店街事務局

〒464-0064 名古屋市千種区山門町1-13(覚王山アパート内) TEL: 052-751-8686

E-mail: infogkakuozan.com

http://www.kakuozan.com


チラシを入手できない場合は、こちらの画像を印刷して応募してください。
チラシ裏面募集要項

主催:覚王山商店街振興組合
共催:揚輝荘